「アレン・ヴィライヤの言語調査録」リパライン語原語版

 「アレン・ヴィライヤの言語調査録」のリパライン語原語版"d'alen.vilaija, lirnasti"の各話を掲載します。

「アレン・ヴィライヤの言語調査録」って何?
 「アレン・ヴィライヤの言語調査録」(原題:"d'alen.vilaija, lirnasti")は、異世界ファイクレオネなどで話されるリパライン語によって書かれた小説です。
 ユエスレオネ連邦言語翻訳庁に所属する調査官アレン・ヴィライヤが新たに接触した異世界の言語文化調査を命じられ、現地人の少女と出会い、またその裏にある陰謀に迫っていくお話です。
 翻訳版はこちらから読むことが出来ます。
  1. プロローグ "tletima : haltxerger lkurftless l'es alen.vilaija."

  2. 第一話 "1te larfa : deliu come sesnud co'd kiljoi."

  3. 第二話 "2te larfa : luxul larta."

  4. 第三話 "3te larfa : lex lernysev mian."

  5. 第四話 "4te larfa : lex larfies zeltar."

  6. 第五話 "5te larfa : lkurfer'd dirawirngle."

  7. 第六話 "6te larfa : harmie co'd ferlk es?"

  8. 第七話 "7te larfa : portvirtax ad ekyter'd sieod."

  9. 第八話 "8te larfa : harmie co celdin mi?"

  10. 第九話 "9te larfa : kijacuka.imika."

  11. 第十話 "10te larfa : melferto kafi'a."

  12. 第十一話 "11te larfa : rabbija es niv pipuso'i."

  13. 第十ニ話 "12te larfa : alsietal."

  14. 第十三話 "13te larfe:aftlato ad xupureso."

  15. 第十四話 "14te larfe : lernrotist indonerrgust."

※ユエスレオネ連邦の国営郵便サービスはETCA(サニス条約機構)の規則によって書類登録と入念な審査を経ているため、原語版の原稿は一ヶ月に一話ペースくらいでしか届きません。翻訳したときに元データを消さなければ今頃こんなことには……