JLAR

リナエスト内戦

リナエスト内戦はphil.2014年に起きた内戦である。
リナエスト・オルス共和国政府とILO(イスケ・リナエスト・オルス)およびユエスレオネ連邦をはじめとするサニス条約機構軍が争い、最終的には共和国政府の首脳たちが立てた亡命政府、反連邦派および反ILO派の三派が合流して成立した民議機関リナエスト政府機構がリナエスト・オルス共和国の主権を持つこととなった。

背景

詳しくはイスケ紛争を参照。

リナエスト共和国軍のうちイスケ・リナエスト人が多い部隊が活動中に集団脱走を起こし、「イスケ・リナエスト人の国家設立」や「サニス条約機構の否定」などを宣言してILO(イスケ・リナエスト・オルス)を名乗り各国に国家承認を要求したことが発端。

リナエスト・オルス共和国政府はILOを国家承認し、ILO幹部の亡命を受け入れたが、これに対してPMCFは非難を表明し、連邦は亡命した幹部の引き渡しを要求した。
リナエストがこれを拒否したことを受けてPMCFはphil.2014.11.19にリナエスト・オルス共和国の除名を宣言、リナエストは対抗措置として、宣言が行われた翌日に条約機構への加入を打診し、連邦の受諾を得てサニス条約機構の一員となった。

沿革

phil.2014年2月8日、ユエスレオネ連邦はリナエスト・オルス共和国(以下、共和国)に対するILO関係者の引渡しを再度要求するが、ILO派である共和国政府はこれを再度退け、共和国内の反イスケ派とILOの間で紛争が発生した。混乱を収束させようと共和国軍は反イスケ派に攻撃を加え、反イスケ派は政府を目的とした攻撃も開始するが。これに対して共和国軍はサニス条約機構に協力を要請、リナエスト平和維持活動軍(第一多国籍軍)が展開されることになった。

この介入に対し、共和国国内の反連邦派が激怒して政府と第一多国籍軍を攻撃し始めたことで、ILOは政府と決別する。また、反イスケ派はその多くが親連邦派であったため反連邦派を敵とみなして攻撃した。この時点を持って、リナエストはILO、政府系(リナエスト軍&第一多国籍軍)、反イスケ派、反連邦派の四つに分裂している。

phil.2014年3月26日にサニス条約機構は「リナエストにおける状況は困難であり、内戦状態であり、分裂状態にある」と発表した。

3月30日にはILOが共和国政府を占領したと発表し、Tarf.olfardia総統を含む共和国政府の首脳部と一部の国民は4月1日深夜にリナエスト本土を脱出してユエスレオネ本土のフェーユにリナエスト・オルス亡命政府の設立を宣言した。ユエスレオネ連邦側がこの亡命政府への支援を表明したことを受けて、ILO側は多国籍軍に対する攻撃を開始する。4月9日、リナエストの反連邦派はILOに共同戦線の樹立を提案し、彼らはイスケ・リナエスト・オルス解放戦線(ILO-AM)を組織する。これに対して、反イスケ派は正式にILO-AMに対抗するリナエスト人純血の三日月戦線 (Linaesten Feseladir’d autlveisen Merfedi’a / LFAM)であることを発表する。

4月21日、サニス条約機構は「治安維持すべき国家が消滅したため条約の締約も消滅し、我々には派軍する義務が無くなった」として多国籍軍を撤退させた。これに対してリナエスト・オルス亡命政府は非難を発表した。多国籍軍が撤退したことで突如として無人地帯が出現し、これによりILO-AMとLFAMの直接対決が始まり紛争は激化することとなった。

講和宣言

phil.2014年4月21日、ILO-AMとLFAMは国際社会に向け、突然の講和宣言を発表。中央政府としてのリナエスト亡命政府の帰還を歓迎し、民議機関リナエスト政府機構を成立させた。この電撃講和について述べたものは諸説あるが現在でもその経緯は不明である。ILO-AMに参加していたILOは「合同本部が勝手に行ったことだ」としてこれを批判しリナエスト政府機構への加入を拒否、テロと紛争による領土分割を発生させた。ILOは「標的はリナエスト政府と連邦影響圏、PMCFの全ての加盟国である」と声明を出した。PMCFは亡命政府が正常に帰還したことを認め、PMCFへの再加入を許可した。Tarf.olfardia機構事務長は「サニス条約を破棄する」と発表したが、ユエスレオネ連邦はこれを認めておらず、双方の主張は食い違ったまま放置されている。