JLAR

イェスカ哲学(理:jeska’d latirno)とはリパラオネ思想の一つであり、イェスカ主義の礎となったターフ・ヴィール・イェスカによる哲学的思想である。特にイェスカ哲学と呼ぶ場合は、哲学的な思想を政治化したイェスカ主義との対比で語られることが多い。

概要

イェスカ哲学はリパラオネ思想の系譜を継ぐ、哲学的思想である。その根底には以下の3つが存在しているとされている。

イェスカの思想はファイクレオネにおける近代思想の批判の黎明となったとされる。これは主体的統一の概念からも見られており、その上で革新チャショーテの旧弊な社会主義を乗り越えるための存在として教法学的社会主義の概念を生み出した。この上でターフ・ヴィール・ウォルツァスカイユは「説得主義」を重視したが、これは「イェスカ主義的」な概念であると捉えるものも多い。

思想

主体的統一

主体的統一はイェスカ哲学の重要な中核概念である。1998年に発表された「教法学的社会主義とその理論」において扱われている。

疎外円環